MENU

GEOのPS5購入条件「PS4売却」の理由と持っていない時の対策

geoのPS5はPS4を持っていない人でも買える

GEOはPS5当選時の購入条件として「PS4の売却必須!ジャンク不可!最高買取18000円!減額アリ!」といった項目を追加しました。この理由はご想像の通り「PS5の転売防止策」ですね。

もう少し本人確認をGEO側がしっかり行えば良い話なのですが、それは置いといてSNSでは「愚策だ!」とか「PS4売りたくない!」といった声がやはり多かったです。

そこで本記事では、筆者が実際にPS4売却条件の抽選に当選したので、購入時のやりとりなどもお伝えできればと思います。

目次

PS4を持っていないけどGEOでPS5を購入してみた

8月後半に行われたPS4売却条件の抽選に当選しておりました。

当選するとGEOからメールが送付されるので、URLを踏んでGEOアプリに移動。

すると「抽選番号」と「当選番号」の2つの番号が記載された画面が表示されるので、スクリーンショット。これをGEOの店員さんに見せる必要があります。

当選メールが来ただけだと受け取れないので、当たった人は必ず上記の手順を踏んでおきましょう。

PS4を持っていない人はどうすれば良い?

答え:他のGEOで買います

今回の購入条件としてPS4に関して下記の注意書きが当選メールにも記載されていました。

・応募時はまだ売らなくて良い
・当選した店舗でPS5購入時に同時にPS4を売る必要がある
・PS5購入時にPS4を売ると買取額が2000円UP
・売却するPS4はジャンク状態はNG(遊べる状態じゃないとだめ)
・背面の「分解禁止シール」が剥がれている本体はNG
・売却前に初期化必須
・PS4を査定して動作しなかった→店頭で新たにPS4を購入して売却…はNG

「PS5引換時に、PS4をその場で買ってすぐ売却するのはNG」としか書いていないので、他のGEOで事前に購入するのはセーフ?

△というわけで、当選した店舗から20分ほどの距離にあるGEOにてCUH2000-AB01を購入。「若干のスレ傷」・「マイクロUSB欠品」で値引きが入って約25000円でした。

その後、当選店舗へ来店。他店舗GEOで購入したことが一瞬でバレるバーコードすら剥がし忘れた状態で査定に入ります。

結果は14000円ちょいで売却完了。Lueca受け取りで実質10%買取金額がアップしたので大体15000円くらいで売却できました。別のGEOでは付属品完備と記載してありましたが、実際は説明書は入っておらず500円減額。マイクロUSB欠品で10円ほど減額。本体のスレ傷で3000円減額。

これで実際にPS5を購入することができましたが、その場で開封の儀とコントローラーの袋に油性マジックでバツマークを書くことが条件でしたので、そちらに対応して無事に購入が完了しました。

「PS4を持っていない人は、とりあえず事前に用意すれば売ってもらえる」ということが分かりました。

もしPS4売却必須の抽選に当たった人は、お近くのGEOで完品のPS4をなるべく安く買っておきましょう。狙うは18000円買取!(ルエカで実質19800円買取)

PS4売却条件は転売ヤーしか得をしない?

上記の流れをご覧になった方は察したハズですが、事前にPS4を購入していれば結局は購入できちゃうわけですから、転売対策になっていません。現在の相場ならPS4の購入経費を含めても2万円近い粗利が出ます。

これでは一般ユーザーの購入ハードルを高めただけのような気がします。

むしろPS4を持っていない一般ユーザーが諦めてGEO全体の抽選倍率が下がったおかげで、転売目的のユーザーが購入しやすい環境になりそうです。

2022年8月30日現在、「次回のGEOアプリ抽選に関してはPS4売却の必要はない」といった内容がアナウンスされていますので、GEO側も愚策だったと感じているのでしょう。

上述の通り、身分証の名前・住所等と購入履歴を紐づけることができれば不正応募などを弾くことができ、結果的に「本当に欲しい層」が当選する確率はもう少し上がりそうですが、従業員の負担的に難しいのかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次